国際結婚手続きのコツ

国際結婚手続きについて詳しく解説した書物というものは存在しません。

日本人と外国籍の人が結婚する場合国際結婚手続きは日本と相手の国籍のある国との
双方に行うようになるでしょう。
ただし、最近では、報告的届出を受け付けない国もあるので厄介です。

先に日本国内で婚姻届を提出する場合には、サイン
済みの婚姻届書、届出役所が本籍のある市区町村でない場合、日本人については戸籍
謄本、配偶者となる外国籍の相手が日本国内にいる場合はパスポート、配偶者となる
外国籍の相手についての婚姻要件具備証明書をそろえなければなりません。

報告的届出は、日本にある駐日大使館へ行うのが通常です。
また場合によって、申述書、宣誓供述書、独身証明書、母国の戸籍謄本などが必要に
なってくることもあります。婚姻届に添付する書類は全国の市区町村役所出統一され
ているわけではないので、あらかじめ婚姻届の提出先役所に確認しておくことが懸命です。

国際結婚手続きは複雑ですので、配偶者ビザの申請を含めて、行政書士さんにお願い
するのが通常です。

このブログ記事について

このページは、tsalが2014年2月24日 00:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「即日融資10万円 今日必要!」です。

次のブログ記事は「美容の為と信じて行う間違った事」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30